無料ホームページ
沈みこむところがあれば浮かび上がるところがある

東方project妄想
玩具で色々やるぜ?
EOH・南米の描いてきた黒歴史
イベント参戦情報&報告
黒歴史
某とこのサイトと散財計画
他地方への飛行場

Top Illust

東方project
西行寺 幽々子
web拍手 by FC2

↑ご意見・ご感想はこちらにお願いします。

 
制作のしおり(ラスティカレスケット)
Radical Discovery
Doll is always on my hand (鍵)
Yappy Company BreakRoom(仮)    

Top&Diary
10月30日のこと


11月手前。十数年ぶりに鴨川シーワールドへと赴いてきました。
シャチ、マンボウ、アザラシ……数々の海の生き物と水の生き物とそれに付随する生き物がお出迎え。
癒されます。

【フランドール・スカーレット:スペルカード】
紅魔郷:STAGE EX:禁弾「過去を刻む時計」

固定レーザーと自機照準弾による攻撃。

最初に画面下方左側と画面上方右側に魔方陣が出現。
各魔方陣は全方位4WAYの形で一定の長さを持つレーザーを展開。

左側の魔方陣は時計回りにレーザーを回転させつつ右側へと、右側の魔方陣は反時計回りにレーザーを回転させつつ左側へと水平移動する。

魔方陣、レーザーともに一定距離移動した後に消滅する。

その間にフランドールは17WAYの自機狙い弾を10連射、真上に32WAY弾を15連射する。

次に、最初の魔方陣が消滅した位置と同じ位置に魔方陣が発生。
先と同様、全方位4WAYのレーザーを展開。

左側の魔方陣は時計回りにレーザーを回転させつつ右側へと、右側の魔方陣は反時計回りにレーザーを回転させつつ左側へと水平移動する。

魔方陣、レーザーともに一定距離移動した後に消滅する。

その間にフランドールは7WAYの自機狙い弾を16連射、真上に32WAY弾を16連射する。

その後、フランドールから少し離れた左右に魔方陣がそれぞれ発生。
これまで同様に全方位4WAYのレーザーを展開。

左側の魔方陣は時計回りにレーザーを回転させつつ右下へと、右側の魔方陣は反時計回りにレーザーを回転させつつ左下へと移動。

魔方陣、レーザーともに一定時間移動した後に消滅する。

その間にフランドールは17WAYの自機狙い弾を16連射、真上に32WAY弾を16連射する。

ここまでで1セットとなり、以降は最初から繰り返す。

フランドールは定位置より動かない。

弾幕表現:時計回りと反時計回り

時計回りと反時計回りで、時計と過去を表現したものだろうか。
大量に放たれる赤丸弾にも意味合いがあるのかどうか気になるところである。
レーザーの青と弾の赤が映える弾幕。

【魔方陣】
レーザーを展開する。
【青レーザー】
回転しつつ通過していく。
【赤丸弾】
大量に展開される。

展開が固定されているので避け方を確立していきたい攻撃。
慣れないうちは自機照準の赤弾に圧倒されてしまうかもしれない。
このスペルを終えれば耐久弾幕と最終弾幕のみとなるので無理せずにボムってしまうのもアリだろう。

以上で、フランドールのスペルカード、禁弾「過去を刻む時計」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月26日のこと

10月もあと一週間足らずで終わることに驚愕する。

【レティ・ホワイトロック】
妖々夢:STAGE 1:通常攻撃1

最初に射出角固定の弾幕を展開。
(画像はLUNATICのもの)

緑米粒弾よりなるWAY弾は右から射出し始め、30度ずつ時計回りに旋回撃ちしていく。

EASY:3WAY
NORMAL:5WAY
HARD:5WAY
LUNATIC:7WAY×2重

5重の青丸弾は上から射出し始め、30度ずつ反時計回りに旋回撃ちしていく。

いずれも16連射で射出タイミングは同期する。

射出が終わるとレティは移動。
チャージエフェクトの後に自機位置依存の霧を発生させる。
霧からは弾が発生してランダムな方向へと飛んでいく。

その後にレティは移動。
霧による攻撃をもう一度繰り返す。

レティは画面中央上部へと移動。
緑米粒弾よりなるWAY弾と5重の青弾による攻撃を行う。

緑米粒弾よりなるWAY弾は右から射出し始め、30度ずつ反時計回りに16連射する。

EASY:3WAY
NORMAL:5WAY
HARD:5WAY
LUNATIC:7WAY×2重

5重の青丸弾は上から射出し始め、30度ずつ時計回りに16連射する。

連続して緑米粒弾よりなるWAY弾と5重の青丸弾による攻撃を展開。

緑米粒弾よりなるWAY弾は右から射出し始め、30度ずつ時計回りに16連射する。

EASY:3WAY
NORMAL:5WAY
HARD:5WAY
LUNATIC:7WAY×2重

5重の青丸弾は上から射出し始め、30度ずつ時計回りに16連射する。

加えて4回に1回の射出時に全方位16WAY青光輪弾を展開。

レティは移動して霧の展開より繰り返す。

弾の主成分:不明

レティが登場して一番最初に展開してくる弾幕。
緑色の弾も目立つが、全体として寒色が多めの攻撃。
霧による攻撃は寒気を操っているようなイメージだろうか。

【緑米粒弾】
WAY弾の形で展開される。
【青丸弾(明)】
画面全体を埋める弾種の一つ。
【霧】
弾の発生源となる。
【青丸弾(暗)】
霧からのみ発生する。
【青光輪弾】
さりげなく混ぜられる。

緑米粒弾と青丸弾による攻撃は固定なので弾の軌道を覚えておきたい。
霧から発生する弾は初速が速く、高難易度では密度もあるのに注意したい。
ランダムな軌道に圧倒されそうな時はボムを投下した方がマシかもしれない。

以上で、レティの攻撃、通常攻撃1を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月23日のこと

ここまで天気が崩れている予報だったっけか。

ダブルスポイラー
LEVEL12-7 ガンガンいく僧侶7枚撮影せよ 【聖 白蓮】
・「スターソードの護法」

白蓮の周囲に弾源となるオブジェクトを展開。
(画像は1枚目)

各オブジェクトからは一定間隔で自機位置を基準とした円状のエフェクトを纏った全方位弾が展開される。

射出された全方位弾は旋回しながら広がっていく。

旋回方向は、奇数射目で白蓮の左下と右上からのものは反時計回りに、左上と右下のものは時計回りとなる。
偶数射目は上記と逆回転となる。

全方位弾は射出時は青御札弾の状態で射出され、撮影すると黄ナイフ弾へと変じて判定も増大する。

黄ナイフ弾は撮影すると消滅する。

構成は全方位弾1つあたり16WAYから始まり、撮影成功毎に2WAYずつ増加していく。
(画像は7枚目)

白蓮は定位置より動かない。

リセットは無い。

弾の主成分:スターソード

星蓮船でのスペルカード、飛鉢「フライングファンタスティカ」および飛鉢「伝説の飛空円盤」に類しそうな弾幕。
最初は御札のような形状をしているが、撮影に反応して剣へと変じる。
「スターソード」に関しては色んなゲームやアニメ、その他の作品で冠しているものがあり、
元ネタレベルでは何がベースになっているのかは思案のしどころであろう。

【青御札弾】
特有のエフェクトを纏いつつ飛来。
【黄ナイフ弾】
撮影に反応して変化。

自機位置を基準としているので避けやすい方法を探っていきたい。
撮影ノルマは意識しなくても普通にプレイしていればまず達成出来る。
本スペルは飛鉢「フライングファンタスティカ」および飛鉢「伝説の飛空円盤」の練習にも使える。

以上で、ダブルスポイラーLEVEL12-7を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月22日のこと

天気が崩れている頃合。

【パチュリー・ノーレッジ:スペルカード】
萃夢想:PC 弐符:火水木金土符「賢者の石」

発動すると5色のマジックアンプが出現してパチュリーの周囲を旋回する。

C射撃か必殺技を発動すると、対応する属性のマジックアンプが砕けて8発の弾となって相手の方に飛んでいく。

再発動すると展開しているマジックアンプを消滅させて貼りなおす。

攻撃の主体:マジックアンプ

紅魔郷では5冊の本から弾幕を展開していた賢者の石が萃夢想にやってきた。
こちらではより石らしい見た目のものになっている。
弾を飛ばす攻撃であるという点では変化していないとも言える。

【橙マジックアンプ】
C射撃とサマーレッドに対応。
【青マジックアンプ】
6C射撃とウィンターエレメントに対応。
【緑マジックアンプ】
J6C射撃とスプリングウィンドに対応。
【黄マジックアンプ】
JC射撃とオータムエッジに対応。
【紫マジックアンプ】
2C射撃とドヨースピアに対応。

性能を発揮するためには各C射撃と必殺技の属性を覚えておく必要がある。
適当に使うだけでは普通の射撃同様に対処されてしまうだろう。
連続で攻撃を叩き込める状況作りが肝要となるだろうか。

以上で、パチュリーのスペルカード、火水木金土符「賢者の石」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月19日のこと

近くで祭囃子が聞こえる。
催し物にはもってこいの日和。

【鈴仙・優曇華院・イナバ:スペルカード】
永夜抄:Last word:「幻朧月睨(ルナティックレッドアイズ)」

最初に128WAY全方位弾を射出。
射出後、ある程度のところで幻視が入り玉が消滅。
幻視が終わると再度現れてそのまま飛んでいく。

次に赤弾丸弾からなる全方位弾を3発、青弾丸弾からなる全方位弾を2発、青使い魔を全方位に24WAY放つ。

赤弾丸弾からなる全方位弾は2発目までが88WAY、3発目は128WAY構成。

青弾丸弾からなる全方位弾は88WAYで構成される。

使い魔は青中弾を配置しながら飛んでいく。
自機が重なる位置にある場合には配置しない。

弾と使い魔を射出後に鈴仙は移動。
幻視が入り弾丸弾が消失。
幻視が終わると再度現れてそのまま飛んでいく。

鈴仙は停止して以降、青弾丸弾と赤弾丸弾からなる全方位弾と青使い魔の展開から繰り返す。

このあたりのタイミングで、先に配置されていた青中弾は赤中弾へと変じて配置された方向に従って飛んでいく。

弾の主成分:朧月的な何か

Lunatic Red Eyes:狂気染みた赤い瞳

スペルネーミングは月的な要素に鈴仙の特徴を表した感じのものとなっている。
弾幕的には鈴仙のスペルではお馴染み、狂気の瞳を用いて弾が消えたり現れたりするもの。
カードの補足では、鈴仙が何故スペルカードに対して読みをつけるようなネーミングをするのかが記される。

【赤弾丸弾】
幻視の影響を受ける弾の一つ。
【青弾丸弾】
幻視の影響を受ける弾の一つ。
【青使い魔】
青中弾を配置していく。
【青中弾】
幻視の影響を受けない。
【赤中弾】
青中弾より変化。

リズムさえ掴んでしまえばラストワードの中では簡単な方である。
射出された弾丸弾がどの位置で幻視に入ったのかは気に留めておきたい。
勢い余って使い魔の配置した中弾に突っ込まないように注意。

以上で、鈴仙のスペルカード、「幻朧月睨(ルナティックレッドアイズ)」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月18日のこと

15日に書店をまわって何処にもFebli置いてないな、
と思いつつ帰って発売日を調べたら17日発売になってましたという体たらく。

ということで茨歌仙の第25話「渾円球の檻」を読みました。
今回の話はまた、これまでの作品をいくつか読んでおくと
幸せになれるかもしれない箇所がいくつかあったので、軽く記述しておきましょう。
話そのものに対する細かいツッコミは他力本願で。

【隕石といえば】
・三月精第1部第4話「星の鳥居」
・書籍文花帖P.052〜

【星座といえば】
・香霖堂第二十二話「妖怪の見た宇宙」

【月まで行った話】
・東方儚月抄 〜 Silent Sinner in Blue.
・東方儚月抄 〜 Cage in Lunatic Runagate.

【関連しそうなスペルカード】
・東風谷 早苗 - 奇跡「白昼の客星」
・東風谷 早苗 - 奇跡「客星の明るい夜」
・東風谷 早苗 - 奇跡「客星の明るすぎる夜」

【北極星に関する記述】
・上海アリス通信 三精版 〜第3号〜

北極星とか他にも色々あった気がするけど、くまなく作品を見直さないと思い出せないので
ぱっと思い出したやつだけ。

以下いつもの。

【ルーミア】
紅魔郷:STAGE 1:中ボス通常攻撃

数種類の弾幕を順番に展開する。
(画像はLUNATICのもの)

最初にルーミアは画面上部右側に陣取る。
その後に16WAY自機狙い全方位弾を射出して、画面上部中央へと移動する。
全方位弾の構成は、

EASY:1
NORMAL:3
HARD:5
LUNATIC:7
(単位:重)

ルーミアは移動した後、青、赤、緑、黄、橙色の全方位弾を順に連射する。
このとき全方位弾1つ毎に時計回りにずらした感じに射出。
構成は、

EASY:8
NORMAL:14
HARD:20
LUNATIC:28
(単位:WAY)

射出後、ルーミアは画面上部左側へと移動。
全方位16WAYの緑光輪弾と黄光輪弾を自機狙いで順に射出する。
全方位弾の構成は、

EASY:1
NORMAL:3
HARD:5
LUNATIC:7
(単位:重)

その後、ルーミアは画面上部中央へと移動。
青、赤、緑、黄、橙色の米粒弾と粒弾からなる全方位弾計10発を射出する。
弾種1つあたりの構成は

EASY:4
NORMAL:8
HARD:12
LUNATIC:24
(単位:WAY)

射出し終わるとルーミアは画面上部右側へと移動。
全方位16WAYの青光輪弾と赤光輪弾を自機狙いで順に射出する。
全方位弾の構成は、

EASY:1
NORMAL:3
HARD:5
LUNATIC:7
(単位:重)

その後は画面上部中央へと移動。
2波目で展開してきた青、赤、緑、黄、橙色の粒弾からなる全方位弾攻撃からの流れを繰り返す。

タイムオーバー時は次にある攻撃をスキップしてそのまま去っていく。

弾の主成分:不明

ルーミアが登場して一番最初に展開してくる弾幕。
全ての弾幕が全方位弾で構成されているのが特徴。
闇を操る妖怪にしては矢鱈カラフルな弾構成も特徴的。

【青光輪弾】
開幕の流れを彩る。
【各粒弾】
同時期に射出される。
【黄&緑光輪弾】
共に射出される。
【各米粒弾】
粒弾と共にばら撒かれる。
【赤光輪弾】
青光輪弾と共に射出される。

開幕に位置する攻撃だけあってそんなに難しくない。
ルーミアを追いつつ避けていけば大丈夫だろう。
調子に乗って近づきすぎて凡ミスするといった事態は避けたいところ。

以上で、ルーミアの攻撃、中ボス通常攻撃を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月16日のこと

今日は千葉の中腹あたり天気が良さそうです。

【火焔猫 燐】
地霊殿:STAGE 4:中ボス通常攻撃1

お燐は雑魚敵を発生させて移動を繰り返す。
(画像はLUNATICのもの)

雑魚敵は赤、緑、青が1回あたりに同時発生。
それぞれが自機照準の全方位8WAYを射出し続ける。
難易度が高いほど射出間隔が短くなる。

配置された3体は徐々に集まっていき一定時間後に消滅する。

お燐は撃破することが出来ず、一定時間が経過するとアイテムを放出して去っていく。

攻撃の主体:霊

お燐が登場して一番最初に展開してくる攻撃。
実際に弾幕を展開してくるのは一跳び毎に発生させる雑魚敵だが、これは怨霊だろうか。
赤、緑、青と光の三原色を思わせるカラーリングをしている。

【雑魚敵】
怨霊か何か。
【赤光輪弾】
雑魚敵より放たれる。

自機照準タイプの攻撃ではあるが、1発毎に射出角をずらして撃ってくるのが厄介。
あまり派手に動かずにテンポ良くやり過ごすのがコツである。
避け切ると残機の欠片を落とすので最悪は霊撃を使用した方が吉かもしれない。

以上で、お燐の攻撃、中ボス通常攻撃1を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月15日のこと

雨がぱらついて天気は良くない一日。
しかし、不思議と満ち足りてはいる感覚のする一日。

【藤原 妹紅:スペルカード】
永夜抄:STAGE EX:時効「月のいはかさの呪い」

妹紅から常時、緑粒弾と青短刀弾からなる全方位弾が旋回撃ちされる。

緑米粒弾は全方位8WAYの形で反時計回りに旋回撃ちされる。

青短刀弾は全方位4WAYの形で時計回りに旋回撃ちされる。

青短刀弾は画面端付近に到達すると赤短刀弾へと変化し、自機狙いとなってゆっくり飛んでくる。

妹紅の左右には3つずつ赤使い魔が発生。
左のものは時計回りに、右のものは反時計回りに回転し続ける。

妹紅は定位置より動かない。

スペル表現:時効そして呪い

どの弾幕が何の表現になっているのかは解釈の分かれそうなところである。
このスペルカードと関連しそうなものに「東方儚月抄 〜 Cage in Lunatic Runagate.」の第四話がある。
該当エピソードとともに色々考えてみるのも面白いかもしれない。

【緑米粒弾】
常時画面を渦巻く。
【青短刀弾】
緑米粒弾とともに射出される。
【赤短刀弾】
ゆっくりと自機を狙う。
【赤使い魔】
妹紅の周りを舞う。

パターン攻撃ではあるので自機狙いの引き付け方を考えると安定する。
リズムが崩れると辛いのでその時はボムってしまおう。
使い魔は人間で回転避けでもしようとか思わない限りあまり気にする必要は無い。

以上で、妹紅のスペルカード、時効「月のいはかさの呪い」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月12日のこと

関東通過コースをとっていそうな台風さん。
明日明後日がどうなることやら。

【アリス・マーガトロイド:スペルカード】
妖々夢:STAGE 3:
EASY:咒詛「魔採光の上海人形 -Easy-」
NORMAL:咒詛「魔採光の上海人形」
HARD:咒詛「魔採光の上海人形 -Hard-」

最初にアリスは人形を展開。
(画像はHARDのもの)

EASY:3
NORMAL:4
HARD:5
(単位:体)

人形からは黄クサビ弾と橙クサビ弾からなる弾幕が展開される。
それぞれのクサビ弾は射出された後、向きを変えて移動する事を2回繰り返した後にそのまま飛んでいく。

黄クサビ弾は開幕に放たれるものは全体に散らばる感じとなるが、以降はある程度まとまった感じに飛んでくる。
橙クサビ弾は散らばった感じに飛んでくる。

アリスからは、青クサビ弾からなる全方位弾と青大弾からなる全方位弾が射出される。
青大弾の構成は、

EASY:6
NORMAL:9
HARD:11
(単位:WAY)

射出後に一旦停止した後、奇数回目では時計回り、偶数回目では反時計回りに弧を描くような動きをした後に真っ直ぐ飛んでいく。

青クサビ弾は奇数回目では2重、偶数回目では4重のものが射出される。
構成は初弾で、

EASY:20
NORMAL:32
HARD:38
(単位:WAY)

より始まり、奇数回目、偶数回目の射出を経る毎に3WAYずつ上昇していく。

アリスと人形の攻撃の流れは同期している。
アリスは定位置より動かない。

スペルの主体:人形

他の人形系スペルカード同様、弾幕を展開してくるモノのスペルネーミングとなっている。
LUNATICでは、咒詛「首吊り蓬莱人形」となる。
上海人形、蓬莱人形ともに後のゲーム作品においても活躍している。

【人形】
アリスの周りで弾をばら撒く。
【黄クサビ弾】
人形より放たれる。
【橙クサビ弾】
人形より放たれる。
【青大弾】
アリスより放たれる。
【青クサビ弾】
後半ほど増えていく。

弾速は速くなく判定も大きいわけではないので見た目よりは楽に感じるかもしれない。
大弾が来るのに慌ててクサビ弾に突っ込まないようにしたい。
調子に乗って狭い所ばかり抜けようとするのも控えたいところである。

以上で、アリスのスペルカード、咒詛「魔採光の上海人形 -Easy-」、
咒詛「魔採光の上海人形」および咒詛「魔採光の上海人形 -Hard-」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月9日のこと

まだ本調子とはとても言えない。
台風さんが待機している。

【パチュリー・ノーレッジ:スペルカード】
萃夢想:PC 壱符:火金符「セントエルモピラー」

頭上に火球を発生。

発生させた火球をそのまま相手の足元へと叩きつけ、爆炎を立ち上らせて攻撃する。

地上発動限定。

攻撃の主成分:爆炎

St Elmo's Piller:セントエルモの火柱

スペル名称は、悪天候時などの時に船のマストの先端等で起きる「セントエルモの火」という現象からか。
コロナ放電による青白い発光現象らしいが、スペルでの再現は見事に火柱である。
弐符は日符「ロイヤルフレア」であるが、コロナ放電と太陽コロナであったり、爆発と太陽フレアであったり、
そこら辺の関連で位置付けられているようなものだろうか。

【火球】
地面に叩きつけると火柱を発生。

挙動がシンプルで分かりやすいので扱いやすそうな印象。
弾速も速くコンボに繋げるのを考える際にも便利だろうか。
ただ、火球が着弾するまでにダメージを受けると消えてしまうのに注意。

以上で、パチュリーのスペルカード、火金符「セントエルモピラー」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月8日のこと

ど風邪ひいて不調。
寝付いたと思ったら吐き気に叩き起こされるのを繰り返すのは辛い。
今は大分落ち着いている。

【鈴仙・優曇華院・イナバ:スペルカード】
永夜抄:STAGE 5:月眼「月兎遠隔催眠術(テレメスメリズム)」

画面上部左端と画面下部右端から青使い魔が発生。
(画像はLUNATICのもの)

上部からの使い魔は下降しつつ水平に青弾丸弾を射出。
下部からの使い魔は上昇しつつ水平に赤弾丸弾を射出。

弾丸弾はそれぞれ速いものと遅いものの2種類が射出される。
速いものは難易度が高いほど速度が上昇する。

使い魔がある程度発生したところで幻視が入り、使い魔の動きは止まって弾がブレる。
この間、弾の当たり判定は消えた状態になる。

弾がブレている最中、青弾丸弾の遅いものと赤弾丸弾の速いものは上方向へ、青弾丸弾の速いものと赤弾丸弾の遅いものは下方向へと軸を移動させる。

幻視が終わると弾は実体化して再び飛び始め、使い魔も移動を開始する。

それと共に使い魔の発生箇所が切り替わる。
青弾丸弾を発生させる使い魔は画面下部左側より発生し画面を上昇していく。
赤弾丸弾を発生させる使い魔は画面上部右側より発生し画面を下降していく。

鈴仙は移動して停止したところで幻視を発動。
実体化したところで使い魔の発生箇所を最初と同じに切り替える。
以上を繰り返す。

スペルタイプ:月からの援軍

Telemesmerism:遠隔催眠術

テレメスメリズムを訳すと大体スペルの漢字側と同様の意味になる。
月兎の力を遠隔地である幻想郷で行使するとかそんな感じだろうか。
月はいつでもお前を見ているぞ。

【青使い魔】
画面端を移動している。
【青弾丸弾】
画面左側より飛来する。
【赤弾丸弾】
画面右側より飛来する。

ランダムではあるがある程度の傾向はある。
使い魔の発生箇所と速い弾と遅い弾の特性を掴むと幾らか対処は楽になるだろう。
弾の判定もそこまで厚くないので意外に避けれたりする。

以上で、鈴仙のスペルカード、月眼「月兎遠隔催眠術(テレメスメリズム)」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月6日のこと

台風さん襲来。

【博麗 霊夢】
永夜抄:STAGE 4A:通常攻撃1

最初に、全方位弾と赤使い魔を展開。
(画像はLUNATICのもの)

全方位弾は白御札弾からなるものと赤御札弾からなるもので構成される。
白御札弾の構成は、

EASY:16×2
NORMAL:32×3
HARD:36×3
LUNATIC:40×4
(単位:WAY×重)

赤御札弾の構成は白御札弾と同様。
1重毎に反時計回りにずらして配置される点が異なる。

赤使い魔は左から時計回りに24連射され、画面端で反射しつつ画面下へと落下するように飛来する。

射出が終わると霊夢は移動。

停止と同時に白御札弾と赤御札弾からなる全方位弾と赤使い魔、加えて自機照準の時計回りに弧を描くような弾列を3つ射出する。

全方位弾は、開幕の構成の物に白御札弾と赤御札弾からなる全方位弾を更に追加したものとなっている。

白御札弾側の追加分は、

EASY:追加なし
NORMAL:28×3
HARD:32×3
LUNATIC:32×4
(単位:WAY×重)

赤御札弾側の追加分は、

EASY:16×2
NORMAL:28×3
HARD:32×3
LUNATIC:32×4
(単位:WAY×重)

こちらは1重毎に反時計回りにずらした配置となっている。

赤使い魔は右から反時計回りに24連射され、画面端で反射しつつ画面下へと落下するように飛来する。

自機照準で放たれる赤御札弾列1つあたりの構成は

EASY:4
NORMAL:8
HARD:12
LUNATIC:16
(単位:発)

射出後、霊夢は移動して停止。
ここまでで1セットとなるが、以降最初の形の弾幕には、白御札弾からなる自機照準、反時計回りに弧を描くような弾列3つが追加される。

弾列1本あたりの構成は、

EASY:4
NORMAL:8
HARD:12
LUNATIC:16
(単位:発)

弾の主成分:不明

STAGE 4Aでボスとして霊夢が一番最初に展開する弾幕。
御札弾に陰陽玉という構成でなんというか霊夢らしい感じとなっている。
弾のカラーリングも紅白と実に目出度い。

【白御札弾】
真っ直ぐした感じに構成される。
【赤御札弾】
ずらし配置で避け先を惑わせる。
【赤使い魔】
画面内を飛び交う。

妖怪側にしておけば御札弾のみに専念出来るので比較的楽になる。
人間側はまともに使い魔の相手をする事になるため難易度が跳ね上がる。
人間単体でプレイする際など危険を感じた時はすぐにボムった方が吉だろう。

以上で、霊夢の攻撃、通常攻撃1を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月4日のこと

何かぱっとしない気分の一日。
そして台風18号である。

【ミスティア・ローレライ】
永夜抄:STAGE 2:中ボス通常攻撃

2種類の弾幕を交互に展開する。
(画像はNORMALのもの)

最初に、緑丸弾で構成される32WAY弾を反時計回りに射出。
構成は、

EASY:1
NORMAL:2
HARD:4
LUNATIC:7
(単位:重)

弾幕は射出された後に一旦停止、再度加速して飛んでいく。

HARD以下では射出後に移動して停止。
同様の構成を持つ32WAY弾を時計回りに射出する。

LUNATICでは、反時計回りの32WAY弾と時計回りの32WAY弾を移動しつつ連続射出する形になる。
(以降の画像はLUNATICのもの)

上記の流れをもう1回行った後、自機狙いで赤使い魔を5WAY射出。

使い魔は一定間隔で水丸弾を配置していく。
自機が至近距離にいる時には配置しない。

配置された水丸弾は一定時間後に、使い魔が飛んでいった向きに従って飛んでいく。

ここまでで1セットとなる。

弾の主成分:不明

ミスティアが登場して一番最初に展開してくる弾幕。
交互に放たれる弾幕は羽などをイメージしたものだろうか。
鳥といえば、紅魔郷でのルーミアのスペルカード、夜符「ナイトバード」
WAY弾を交互に展開するものだったりする。

【緑丸弾】
翼のようにばら撒かれる。
【赤使い魔】
水丸弾を配置していく。
【水丸弾】
一定時間後飛んでいく。

弾の隙間をよく見て避けていくタイプの攻撃。
高難易度は密度が高く発射間隔が短いので弾道を見失わないようにしたい。
使い魔は潰せるなら潰した方が余計な弾を増やさずに済む。

以上で、ミスティアの攻撃、中ボス通常攻撃を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月3日のこと

今日はなかなか暑い。

【橙】
妖々夢:STAGE 2:中ボス通常攻撃

2種類の弾幕を交互に展開する。
(画像はEASYのもの)

最初に、橙は移動しつつ自機狙い3WAYの形をとる弾塊を3回射出。
その後、定位置へと戻って停止。

弾塊は1つあたり1WAYからはじまり1WAYずつ増えていくような構造をしている。

EASYでは3重、NORMALでは4重。
(画像はNORMALのもの)

HARDでは、NORMALでの構成の自機狙い部分に5重のものを重ねた感じに。

LUNATICでは、NORMALでの構成の自機狙い部分に5重の弾塊を2WAY重ねた感じになる。
(以降の画像はLUNATICのもの)

弾塊が射出し終わると橙は8つの弾源を展開。

弾源は橙の周囲を漂いながら色を変えていく。

一定時間が経過すると青米粒弾よりなる全方位弾と緑米粒弾よりなる全方位弾を展開。

青米粒弾よりなる全方位弾は3重構造で、

EASY:5
NORMAL:8
HARD:12
LUNATIC:20
(単位:WAY)

緑米粒弾よりなる全方位弾は4重構造で、

EASY:4
NORMAL:6
HARD:10
LUNATIC:10
(単位:WAY)

ここまでで1セットとなる。

弾の主成分:不明

橙が登場して一番最初に展開してくる弾幕。
このステージの雑魚出現にも用いられる予告オブジェクトとも言えそうなものを扱うのも特徴的。
タイムオーバーの場合はスペルカードに移行せずにそのまま去っていく。

【緑丸弾】
自機照準で放たれる。
【予告オブジェクト】
全方位弾の弾源。
【青米粒弾】
WAY数が多い。
【緑米粒弾】
青よりも多重構造。

緑丸弾は出来るだけ全弾放たせてからちょん避けすれば簡単。
問題はその後に展開される全方位弾になるだろう。
読みが追いつかない時はボムを投じた方が安全かもしれない。

以上で、橙の攻撃、中ボス通常攻撃を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

10月2日のこと

10月に突入。
そろそろ年が変わるまでの日数が数えやすくなってくる。

【レティ・ホワイトロック:スペルカード】
妖々夢:STAGE 1:
LUNATIC:怪符「テーブルターニング」

レティの位置に依存する固定弾幕を展開。

最初にレーザーを5WAY射出。

レーザーは射出された後、渦巻くように動きつつ弾幕を展開する。
その後、各々散るように飛び去っていく。

その間にレティは移動して、同様の5WAYのレーザーを展開。
射出後にレティはすぐに移動、画面上部中央の定位置へと戻る。

停止してレーザーを6WAY展開。
同じように弾を射出しつつ、その後に飛び去っていく。

ここまでで1セットとなる。

弾の主成分:寒気

Table Turning:降霊術の一種

テーブルターニングとは、複数人でテーブルを囲んで行う降霊術の一種である。
怪符は、その降霊術で起きる怪奇現象からだろうか。
「寒気を操る程度の能力」には、こういった方向性の寒気もあるという一例かもしれない。

EASYでは冬符「フラワーウィザラウェイ -Easy-」、NORMALでは冬符「フラワーウィザラウェイ」
HARDでは白符「アンデュレイションレイ」と方向性の違う名称となっているが、
弾幕的には同様の流れを汲むものとなっている。

【レーザー】
弾幕の発生源。
【青クサビ弾(明)】
全体を渦巻く弾の一つ。
【青クサビ弾(暗)】
全体を渦巻く弾の一つ。

一見すごく気合避け技術を要求されそうに見える弾幕。
その実展開は固定であり、パターン化出来れば安定しやすい弾幕である。
レーザーに轢かれないように注意したい。

以上で、レティのスペルカード、怪符「テーブルターニング」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。


inserted by FC2 system