無料ホームページ
沈みこむところがあれば浮かび上がるところがある

東方project妄想
玩具で色々やるぜ?
EOH・南米の描いてきた黒歴史
イベント参戦情報&報告
黒歴史
某とこのサイトと散財計画
他地方への飛行場

Top Illust

東方project
西行寺 幽々子
web拍手 by FC2

↑ご意見・ご感想はこちらにお願いします。

 
制作のしおり(ラスティカレスケット)
Radical Discovery
Doll is always on my hand (鍵)
Yappy Company BreakRoom(仮)    

Top&Diary
9月28日のこと

今日も陽が差している。
時折吹く風が強め。

神霊廟:STAGE 1:タイトル表示後〜赤中妖精

最初に12体からなる赤妖精連隊が画面上部、中央よりやや左側から登場。
連隊は弧を描きつつ右側へと抜けていく。
(画像はNORMALのもの)

最初の連隊が飛来中、次の12体からなる赤妖精連隊が画面上部、右端から登場。
連隊は弧を描きつつ左側へと抜けていく。

2つ目の連隊が飛来中、12体からなる青妖精連隊が画面上部、左端から登場。
連隊は弧を描きつつ右側へと抜けていく。

各妖精からは自機狙い青米粒弾が放たれる。

難易度が低いほど撃ち方がまばらであり、HARDでは弾の構成が3重になる。
(画像はHARDのもの)
LUNATICではほぼ連射する形になる。
(画像はLUNATICのもの)

青妖精からなる連隊が通過中、画面上部より赤中妖精が登場。
ある程度降りてきたところで停止し、自機狙い弾を3回射出する。
(画像はNORMALのもの)

射出が終わると自機狙いで突っ込んでくる。

自機狙い弾の構成は

EASY:1WAY
NORMAL:5WAY
HARD:全方位32WAY
LUNATIC:全方位32WAY3重ずらし

(画像はLUNATICのもの)

【青米粒弾】
妖精連隊より射出される。
【青丸弾】
赤中妖精より射出される。

ステージタイトル表示後の雑魚一群。
ここから本格的に攻撃を展開してくるようになる。
全部自機照準なので振り方を決めておくと楽になる。

それでは、また次の更新時に。

9月27日のこと

カラッと晴れている。
日を浴びていると少し暑い。

【蓬莱山 輝夜:スペルカード】
永夜抄:STAGE 6B:
EASY:「永夜返し -初月-」
NORMAL:「永夜返し -三日月-」
HARD:「永夜返し -上つ弓張-」
LUNATIC:「永夜返し -待宵-」

固定弾と自機狙いによる攻撃。
(画像はLUNATICのもの)

最初に、射出角固定の全方位弾56WAYを連続射出し始める。

ある程度のところで赤中弾を左右交互に常時射出し始める。

赤中弾は射出された後に一旦停止。
その後、自機狙いとなって飛んでくる。

難易度が高いほど射出間隔が短くなる。

全方位弾は29連射すると一旦間を置いて再度射出し始める。

輝夜は定位置より動かない。

タイムアップまで避け切ると取得となる。

スペルタイプ:猛スピードで進む時刻

輝夜のラストスペル「永夜返し」のうち、一番最初に展開される弾幕。
ここでの名称は月の満ち欠け、月相のものとなっている。
また、難易度選択の名称とも一致する。

【青米粒弾】
移動先を制限してくる。
【赤中弾】
自機に向かって飛んでくる。

永夜返しの中でもやり過ごしやすい弾幕の一つ。
とは言っても精密性は必要なのでしっかりと避け方を確立しておきたい。
攻略だけが目的ならば、ここまで到達した時点でクリアではあるのだが……。

以上で、輝夜のスペルカード、「永夜返し -初月-」、「永夜返し -三日月-」、
「永夜返し -上つ弓張-」および「永夜返し -待宵-」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月25日のこと

昨日食べ過ぎたおかげで新たな飲食店を発掘する気力は起きず……。
こういう時は大抵うどんで騙しています。

弦月斬。妖夢の使う必殺技で、初登場は萃夢想。
楼観剣で弧を描きつつ周囲をなぎ払う必殺技である。
今回は、そんな弦月斬の変遷について取り扱っていく。

萃夢想:必殺技:弦月斬

刀で弧を描きつつ相手を斬り上げる。
いかにも斬撃らしいSEを発する。

B発動では2回連続で行う感じとなるが、そちらは天界法輪斬という名の別の技になる。

緋想天&非想天則:必殺技:弦月斬

やる事そのものは萃夢想版とほぼ同じ。
SEが疾走感溢れる感じのものに変更された。

B発動では1回斬り上げる。

C発動では2回斬り上げる。

萃夢想では天界法輪斬という名の技であったが、緋想天以降では弦月斬の入力バリエーションとして集約される事となった。

以上が、弦月斬の変遷となる。
活躍する場面は、2014年9月現在、弾幕アクションのみに限られる。
作品を跨いで運用の感覚はさほど変わらず、いかにも格闘ゲームらしい技と言えそうだ。

それでは、また次の更新時に。

9月24日のこと

日付が変わって今日明日はオフ。
だけれども天気は芳しくない模様……。

弾幕アマノジャク
四日目 シーン4 弾に当たるとゾンビになっちゃうぞ 【宮古 芳香】
・毒爪「ゾンビクロー」

芳香の位置に依存する固定弾幕。

チャージエフェクトの後、下方に紫クナイ弾列群、上方に青クナイ弾列群を発生させる。

それぞれ4条発生させるような感じに射出し、発生後に加速して飛んでいく。

射出を終えると、芳香は自機のいる軸に合わせるように水平移動して攻撃を繰り返す。

紫クナイ弾群と青クナイ弾群の発生タイミングは微妙にずれており、時間が経過するほど青クナイ弾の発生が遅れていく。

Zombie Claw:ゾンビの爪

弾の主成分:毒

神霊廟での符名に毒爪を冠したスペルカードと同一グループに属する感じのスペルカード。
弾幕の弾種や流れも同様の雰囲気を感じさせる。
当たるとゾンビになってしまうらしい。

【青クナイ弾】
上方から飛来していく。
【紫クナイ弾】
下方から飛来していく。

普通に攻略するなら弾を消したりする出来るアイテムを装備していくのが楽だろうか。
ノーアイテムなら芳香を誘導しつつ避けやすいスタイルを確立したい。
などと言いたいところではあるが、開幕から真下に下がって動かなければ被弾しなかったりする。

以上で、弾幕アマノジャク四日目シーン4を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月21日のこと

台風16号さんが、この後どのような進み方をするのかに注目。

月符「サイレントセレナ」。パチュリーの使うスペルカードで、初登場は紅魔郷。
日符「ロイヤルフレア」、火水木金土符「賢者の石」と合わせて一週間となり、
いずれかのスペルカードが登場する時は大体他の2つのスペルカードも一緒に登場している。
今回は、そのうちの月符「サイレントセレナ」の変遷について扱っていく。

紅魔郷:STAGE EX:月符「サイレントセレナ」

一番最初は弾幕として登場。

段々全方位弾へと変じていく弾幕と、上部から降り注ぐ弾を組み合わせた攻撃であった。

萃夢想:PC 弐符:月符「サイレントセレナ」

魔方陣を展開して、そこから吹き上がる光で攻撃。
後の弾幕アクションにおけるサイレントセレナのベースと言っていい攻撃となっている。

ちなみに、壱符で同じ位置にあるスペルカードは土水符「ノエキアンデリュージュ」となる。

緋想天&非想天則:PC Cost 4:月符「サイレントセレナ」

萃夢想から見た目は変化しているものの、攻撃の方向性は同一のものとなっている。

以上が、月符「サイレントセレナ」の変遷である。
STGと弾幕アクションでは攻撃の仕方や演出といったものに変化は見られるが、
「The Grimoire of Marisa」での記述や、ゲーム内でのスペルカードの説明を見る限り
「月光」を用いて攻撃するという方向性で一貫しているようである。

それでは、また次の更新時に。

9月19日のこと

唐突に始める新シリーズ。
殆どいつもやってる奴の流用。

神霊廟:STAGE 1:開幕〜タイトル表示

赤妖精と青妖精の連隊。

赤妖精は左から右にかけて、青妖精は右から左にかけて交互に飛来し、計20体が登場する。

各妖精は飛来後に一旦停止、再度飛んでいく。

NORMAL以下では何もせずに飛んでいく。

HARD以上では自機狙い3WAYを3連射してくるようになる。

高難易度ほど弾速が速い。

LUNATICでは更に自機狙い全方位6WAY弾が追加される。

連隊が登場した後に、ステージタイトルが表示される。

【青丸弾】
HARD以上で活躍。
【紫光輪弾】
LUNATICで活躍。

これといって特筆すべき事は無い。
NORMAL以下では撃たれにやってくるだけの可哀想な連隊である。

それでは、また次の更新時に。

9月18日のこと

今日はからっとしている。

【リリーホワイト&大妖精】
妖精大戦争:STAGE EX:中ボス通常攻撃3

リリーホワイト、大妖精それぞれから常時5WAYの全方位弾が射出される。

それとともにリリーホワイトは右側に、大妖精は左側に移動を開始してそのまま画面外へと抜けていく。

同時にそれぞれ自機狙い弾を29連射していく。

以降、折り返して画面を横切りつつ自機狙い弾を29連射して画面外へと抜けるのを繰り返す。

弾の主成分:不明

これまでの通常攻撃とは若干趣を異にする弾幕。
今ゲームにおいては実質両者の一番最後に展開してくる弾幕となる。
機会があればまた何かの作品でふらりと弾をばら撒きに来てくれる事だろう。

【緑丸弾】
画面内を漂う。
【青中弾】
自機狙いで放たれる。

中途半端な引き付け方だと弾列が抜けられない形状になってしまう。
動き方が定まれば、ここでの中ボス戦の中では一番安定する攻撃になるかもしれない。
その上で凍らせるタイミングを決めれば対処はより容易になるだろう。

以上で、リリーホワイト&大妖精の攻撃、中ボス通常攻撃3を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月17日のこと


休みだったので、海を見に出掛けてきました。

【パチュリー・ノーレッジ:スペルカード】
紅魔郷:STAGE EX:月符「サイレントセレナ」

パチュリーは、常時5発1単位となる水米粒弾を射出する。

最初は上方に12WAYの形で射出し始め、徐々にWAY数が増えていき、最終的に全方位24WAYの形になる。

画面上部からはランダムに蒼米粒弾が発生して降り注ぐ。

パチュリーは移動、停止を繰り返す。

弾の主成分:月光

「The Grimoire of Marisa」によると、月光が垂直に降り注ぐスペルカードとのこと。
垂直ということは青米粒弾の方が月光のイメージとなるだろうか。
パチュリーから射出される水米粒弾は月そのもののイメージだったりするのかもしれない。

【水米粒弾】
パチュリーより射出される。
【青米粒弾】
降り注ぐ月光。

気合避けタイプのスペルカード。
パチュリーの動き方によっては水米粒弾列の形がエグい角度で襲ってくる。
動き回るパチュリーの位置を見失わないようにしたい。

以上で、パチュリーのスペルカード、月符「サイレントセレナ」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月16日のこと

3連休が終わっての平日。いきなり地震に襲われるのこと。

【魂魄 妖夢】
妖々夢:STAGE 5:通常攻撃2

最初に、黄丸弾と水丸弾で組まれた自機照準の弾幕を展開。

自機方向に対しては1WAYから始まって、1WAYずつ増えていくWAY弾を8連射する弾幕を組み合わせたようなものを展開する。

EASYでは角度の狭いものと広いものを重ねた感じのものを展開。

NORMALでは、その前方にもう一つ追加した感じのものを展開。

HARD以上では更にもう一つ重ねた感じのものを展開する。
(画像はLUNATICのもの)

全難易度で、自機の居る側とは逆方向に16WAYの水丸弾が8連射される。

射出し終わると妖夢は移動。

青丸弾と赤丸弾で組まれた同様の弾幕を展開。
自機の居る側とは逆方向に放たれる16WAY弾は赤丸弾で構成される。

射出し終わるとチャージエフェクトに入り、青丸弾と赤丸弾で組まれた同様の弾幕を展開。

同時に自機狙いの青短刀弾と赤短刀弾を8連射する。

その後、妖夢は移動。
ここまでで1セットとなる。

弾の主成分:不明

これまでの通常攻撃とは少し赴きの異なる弾幕。
途中に混じる短刀弾による自機狙いがアクセントになっている。
自機照準WAY弾という意味では、これまでの流れに沿った弾幕ともいえる。

【黄丸弾&水丸弾】
画面を埋める第1波。
【青丸弾&赤丸弾】
画面を埋める第2波。
【青短刀弾】
自機狙いで放たれる。
【赤短刀弾】
やや時間差で放たれる。

一見、弾数が多くて慌てそうになる弾幕。
が、全難易度において丸弾による弾幕は動かなければ当たらず、短刀弾はちょん避けのみで避けれる。
それが分かってしまえば、まずこの攻撃で被弾する事は無くなるだろう。

以上で、妖夢の攻撃、通常攻撃2を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月14日のこと

近所の神社では秋期例大祭をやっている。

【上白沢 慧音】
永夜抄:STAGE 3:中ボス通常攻撃

最初に、慧音の周囲に緑使い魔が4つ発生。
(画像はLUNATICのもの)

各使い魔からは上下左右4WAYで常時弾が射出され、数瞬後に外側左と内側右の使い魔は時計回りに、それ以外の使い魔は反時計回りに旋回撃ちをするようになる。

緑使い魔からの攻撃は、人間時は水丸弾で弾速が速く、妖怪時は青丸弾で弾速が遅い。

また、難易度が高いほど弾速は速いものになる。

慧音からは一定間隔で自機狙い全方位弾が射出される。

構成は、

EASY:16
NORMAL:24
HARD:32
LUNATIC:32
(単位:WAY)

高難易度ほど、射出間隔が短くなる。

また、一定間隔で慧音は移動して5WAY5重の自機狙い弾を放つ。
これを2回連続で行う。

ある程度時間が経つと、最初に配置された外側の緑使い魔の下に1つずつ、内側の使い魔の上に1つずつ、計4つの緑使い魔が発生。

上下左右4WAYで常時弾が射出され、数瞬後に外側左と内側右の使い魔は反時計回りに、それ以外の使い魔は時計回りに旋回撃ちするようになる。

更に一定時間経過ごとに使い魔の貼り直しが行われる。
この時に、元々展開されていた使い魔は消滅。

貼り直しは展開された順に行われ、そのタイミングのみ元々展開されていた使い魔との同時攻撃の状態となる。

弾の主成分:不明

慧音が登場して一番最初に展開する弾幕。
人間時と妖怪時ではっきりと違いの現れる弾幕の一つ。
弾は遅ければいいものではないという事を教えてくれる。

【水丸弾】
人間操作時に展開される。
【青丸弾】
妖怪操作時に展開される。
【赤米粒弾】
慧音より展開される。

固定弾と自機狙いによる攻撃なのでパターン化すると楽になる。
正面にある使い魔を早い段階で潰しておくと安心感が増す。
NORMALの妖怪側は密度が高いので人間側の方が楽かもしれない。

以上で、慧音の攻撃、中ボス通常攻撃を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月13日のこと

暑かったりそうでもなかったり忙しい。

【ルーミア:スペルカード】
紅魔郷:STAGE 1:月符「ムーンライトレイ」

レーザーと全方位弾による攻撃。
(画像はLUNATICのもの)

最初に2WAYのレーザーを展開。

レーザーはそのまま下方向に狭まっていき、ある程度狭まったところで消失する。

レーザーの射出角度や狭まり方は固定。

それと共にルーミアからは、常時自機狙い全方位弾が射出される。

構成はHARDで42WAY、LUNATICで48WAY。

難易度が上がると射出間隔が短くなる。

ルーミアはレーザー射出、移動を繰り返す。

弾の主成分:月光

Moonlignt Ray:月光

使用してくるのはHARD以上のみだが、東方project中で事実上一番最初に敵が使ってくるスペルカード。
全方位の弾とレーザーで月光を再現しているものと思われる。
弾幕の基本を知るのにも丁度良い感じのスペルカードとなっている。

【青粒弾】
広がる月の光。
【青レーザー】
差し込む月の光。

全方位弾はちょん避けで簡単にやり過ごせる。
レーザーに轢かれないようにルーミアの正面にいる事を心がけよう。
慌てて自ら弾に突っ込んでいかないように注意したい。

以上で、ルーミアのスペルカード、月符「ムーンライトレイ」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月11日のこと

前代未聞のテロ事件から早幾年。
今日は各所で天気が荒れている。

【パチュリー・ノーレッジ】
緋想天&非想天則:特殊必殺技:オータムブレード

丸鋸状の魔法を投げつける。
オータムエッジを書き換える事で使用可能となる。

B射撃では、地上発動で前方に真っ直ぐ発生。

空中発動で斜め下に射出する。

C射撃では、地上発動で前方に2WAY発生。

空中発動で前方および下方へと射出する。

地上に到達した刃は反射して飛んでいく。

LvアップでHIT数が上昇。

弾の主成分:金属要素

Autamn Blade:秋の刃

現実的に考えるとやられる側は凄く怖いだろう必殺技。
攻撃的な視覚効果は抜群である。
必殺技名、説明ともに金属要素で成り立っている。

【刃】
金属要素で構成される。

緋想天から非想天則で、見た目や使い方に殆ど変化の無い必殺技。
どちらでも同じような感覚で運用する事が出来るだろう。
威力は低めだが、他の性能のお陰で取れる行動が増える。

以上で、パチュリーの必殺技、オータムブレードを終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月9日のこと

月を見る事は無かった。雨でしたし。
雨月で頑張れ。

【伊吹 萃香:スペルカード】
萃夢想:ストーリーモード CPU:符の壱「投擲の天岩戸」

萃香が腕を振り回しながら上昇。
エフェクトと共に岩が萃まっていく。
(画像は難易度ばらばら)

萃め終わると一塊になった岩を自機に向かって投げつける。

岩はガード、グレイズ不可。

難易度が高いほど投擲速度が上昇する。

自機との距離が近い場合、特有のポーズとエフェクトの後に飛び込んでくる。

捕まると自機が振り回されると共に岩が萃まる。

その後、一緒に投げられて叩きつけられる。

NORMAL以外の難易度では、スペル名の後に「-Easy-」「-Hard-」「-Lunatic-」の記述がそれぞれ付与される。

その他、通常行動も行う。

攻撃の主成分:岩

岩を萃めて投げる、あるいは岩と自機もろとも投げる攻撃。
天岩戸とは、天照大神が隠れた岩戸隠れの伝説の舞台。
その時の、入口を塞いでいた大岩を天手力男神が投げた話を連想させる感じのスペルカードとなっている。

【岩】
どこからともなく萃められる。

途中混ぜられる通常行動に眼を瞑れば対策は簡単。
高難易度では岩の飛んでくる速度が速くなっているが、タイミングを掴めば安定するだろう。
不用意に近づいて掴まれないように注意したい。

以上で、萃香のスペルカード、符の壱「投擲の天岩戸」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月7日のこと

雨が降ってまた派手に気温が下がっている。
目下の懸念事項は微妙な進路予測をとっている台風。

【小野塚 小町:スペルカード】
緋想天&非想天則:PC Cost 5:薄命「余命幾許も無し」

発動すると鎌を振り回す。
(画像は緋想天版)

地上発動限定。

ヒットすると鎌を構えなおして数瞬後に振り下ろす。

相手を吹き飛ばすとともに、残り体力の半分のダメージを与える。

非想天則では鎌を構えているときにエフェクトが追加。
より演出が派手なものになっている。

攻撃タイプ:割合ダメージ

やる事自体は結構シンプルな感じのスペルカード。
シンプルが故に効果の方はさらりと恐ろしい。
非想天則版では演出面での強化がなされた。

カード説明にもある通り使うタイミングが重要になる。
相手の残り体力が多いほど効果が高く、少ない状態では割に合わない。
適当に放つといとも簡単にガードされてしまうあたりにも注意したい。

以上で、小町のスペルカード、薄命「余命幾許も無し」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月5日のこと

中途半端に蒸し暑くて中途半端に雨が降る。

【パチュリー・ノーレッジ:スペルカード】
紅魔郷:STAGE EX:火水木金土符「賢者の石」

5冊の本を召喚して、それぞれの本から弾幕が展開される。

1番左の本からは、自機狙い11WAY2重の青棘弾が放たれる。

左から2番目の本からは、黄棘弾がばら撒かれる。
ばら撒かれた弾は一旦停止した後に軌道を買えて飛んでいく。

中央の本からは、10WAY4重の全方位赤棘弾が展開される。
2発で1塊のような組まれ方をしている。

右から2番目の本からは、緑棘弾が全方位にばら撒かれる。
ばら撒かれた弾は左下方向へ向きを変える感じに軌道を変えて飛んでいく。

1番右の本からは、全方位16WAYの白棘弾が放たれる。
全方位弾は広がった後に形状を維持したまま自機狙いへと変じる。

パチュリーは定位置より動かない。

弾の主成分:五つの基本要素

賢者の石であるが本である。放たれている弾が石なのかもしれない。
符名に5つの要素が入っているように、5種類の弾が展開される。
手前の月符「サイレントセレナ」、日符「ロイヤルフレア」と合わせて一週間になる。

【青棘弾】
水要素を持つ弾。
【黄棘弾】
土要素を持つ弾。
【赤棘弾】
火要素を持つ弾。
【緑棘弾】
木要素を持つ弾。
【白棘弾】
金要素を持つ弾。

一部は自機照準が混じっているものの基本気合避け攻撃。
長引かせると面倒なので撃ち込んでいっての速攻を狙っていきたい。
危険を感じたらボムを使ってしまったほうがいいだろう。

以上で、パチュリーのスペルカード、火水木金土符「賢者の石」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。

9月3日のこと

数週前のように暑さが凄いという事は無くなって過ごしやすい。
太刀魚の塩焼きおいしいです。

【パチュリー・ノーレッジ:スペルカード】
紅魔郷:STAGE 4:HARD/LUNATIC(霊符)・全難易度(魔符):
木&火符「フォレストブレイズ」

2種類の弾幕を展開する。
(画像はLUNATICのもの)

パチュリーからは全方位に炎弾がばら撒かれる。
炎弾は射出された後、左下へと流れるように軌道を変えつつ飛来する。

画面上方および右側からは赤棘弾が発生。
左下へと流れるように飛来する。

パチュリーは定位置より動かない。

Forest Blaze:山火事

弾の主成分:火+木の葉

「The Grimoire of Marisa」によると、火の玉と木の葉のスペルカードとのこと。
見た目的にアグニシャインぽい感じとシルフィホルンぽい感じが混ざった感じになっている。

【炎弾】
燃え盛る火の玉。
【赤棘弾】
燃え盛る木の葉。

気合避けタイプのスペルカード。
斜めに流れる弾と軌道を変える炎弾が厄介。
危険を感じたら素直にボムを使用した方が安全。

以上で、パチュリーのスペルカード、木&火符「フォレストブレイズ」を終了したいと思う。

それでは、また次の更新時に。


inserted by FC2 system